Hot-k-nice!

ホットケナイでス。

ロシアの「世界一深い穴 深度12km」この穴の存在が、「ノアの箱舟伝説」を裏づけるのではないかと話題騒然!



   

 

 

世界で一番深い穴、ロシアのコラ半島超深度掘削坑――。1970年からソビエト連邦が行った地球の地殻深部を調べる科学的掘削計画により深度12kmまで達した。海洋での掘削を除けば、現在に至るまで世界最深の“穴”である。

 

■聖書に記述の“大洪水”の水はどこへ?

 

それまで地球内部は地表の固く凍った積雪の表層からマントル、核部分へとつながると想定されていたが、この地質学的調査の結果を受けその認識を改めざるを得なくなった。

 

この12kmの超深度エリアでなんと大量の水が発見されたのである。従来、地中深くの岩石は透水性ではないと考えられていたにもかかわらず、固く乾いた高密度な岩石の代わりに大量の水が発見されたことに科学者らはショックを受けたのだ。もしかしたらこれは聖書の記述通りの“ノアの大洪水”が過去に本当にあったことを裏付けるものではないか……。

 

【旧約聖書(創世記)による該当部分を要約すると】

 

“神は地上に増えた人々の堕落を見て、これを洪水で滅ぼすと「神と共に歩んだ正しい人」であったノア(当時500~600歳)に告げ、ノアに箱舟の建設を命じた”と記されており、氾濫した大洪水については“大いなる淵の源” がことごとく破れた、と記述されている。だが、それでは地球に氾濫したその凄まじい量の水は一体どこに消えたのか? 何世紀にもわたり神学者の中でも議論されている点であった。

 

この超地下に眠る水の発見により、現在では一部のキリスト教信者が「ノアの洪水が流出した証拠に違いない」、「聖書に書かれたものが単なる寓話でなく歴史上実際に起きたことを裏付ける証拠」だと信じているという。

 

■多くの科学的発見をもたらした世界一深い“穴”

 

ところでこのコラ超深度掘削坑計画は、地下12kmを超えた地点で想像以上の高温(地温180度)に遭遇し、残念ながら1990年代に中止されてしまうのだが、他のいくつかの発見ももたらしている。

tocana_201612_post_11660_e2de_1

【ロシア地底で“ノアの大洪水”の証拠を発見か! 世界一深い穴の下から「大量の水」と“地獄に通じる穴”の謎とは?】

 

科学的な見地から述べると、発掘チームはそれまでは存在し得ないというのが通説であったヘリウムや水素、窒素、二酸化炭素の層が地球内にあったという重要な発見をした。また地下6.7km以深で花崗岩の中に埋れていた多種類の単一細胞プランクトンの化石を採取。これらは地面より奥深い場所の高い圧力や高い温度のおかげで保存された有機炭素や窒素に覆われていたため、非常に良い状態であったという。こうして地球物理学に多くの情報をもたらし、地殻の化学成分と地殻上下部の違いについての実態が判明したのである。

 

素晴らしい技術的・科学的な偉業を残した一方で、掘削施設の閉鎖については現在に至るまで根強く残っている噂もある。本当の原因は科学者らが「地獄に通じる穴を開け」てしまい「苦痛にうめく魂の叫びを聞いて」しまって恐怖を感じてしまったために中断したというものだ。

 

コラ半島の他にも地球上には地下へと続くミステリアスな巨大掘削現場が存在しているのだが、アラスカ・フェアバンクスにある油田ではあまりに深く地下に穴を掘ったために地獄からサタンが地上へ登ってくる道を開けてしまった、と言われているらしい。

 

作業に関わっている主要石油会社の現場監督が、なんと実際にサタンを目撃したとコメントしており物議を醸したようだが、インタビューによれば「白熱した炎が膨らみ、瞬く間に空は暗くなり奇妙な雲が垂れ込め、周囲が抗し難い邪悪な気に満ちた」と語っており、現場にいた人々は皆、数分立ち竦むしかなかったそうである。

 

ノアの洪水説がもし真実だとしたら、同じく旧約聖書に記述されているサタンもひょっとしたら……存在するのかも。?

 

 

引用・参考元 exciteニュース <文=Maria Rosa.S>

http://www.excite.co.jp/News/odd/Tocana_201612_post_11660.html

※画像は「Wikimedia Commons」より引用・【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/12/post_11660.htmlを参照】

 - その他ニュース

×