Hot-k-nice!

ホットケナイでス。

次世代がん治療 「ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)」もうすぐ実用化! 細胞をピンポイントに破壊、難治性がん対策に期待高まる



   

京都大学原子炉

1:

次世代がん治療「BNCT」もうすぐ実用化
細胞をピンポイントに破壊、難治性がん対策に期待高まる

次世代のがん治療法である「ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)」が実用化に向け、熱気を帯びてきた。現在治験中で、早ければ2019年にも薬事承認され、医療としての利用が期待されている。従来、治療が難しかった難治性がんに対応でき、正常細胞にも影響がないとされるBNCT。がん治療の新たな道を開く。

福島県郡山市にある「南東北BNCT研究センター」。グループに総合南東北病院などがある一般財団法人脳神経疾患研究所が、病院としては世界で初めてBNCT装置を導入した施設だ。事業費総額は約68億円で、東日本大震災からの福島県の復興と医療機器産業の振興に寄与するものとして、福島県の補助金約43億円を受けて、実施した。

センターは地下1階―地上2階より構成されており、延べ床面積は約5983平方メートル。地下1階に京都大学と住友重機械工業が共同開発した加速器(サイクロトロン)1台を採用し、治療室を2部屋備える。故障時のバックアップとしてはもちろん、効率性を高めるのが狙いだ。13年3月に建屋の建設に着工し、装置の設置を進めながら、14年9月に建屋が完成。装置の安全性や性能向上試験を経て、15年11月に開設。病院として世界で初めてBNCTの臨床試験による治療を開始した。

治験に手応え

同センターの高井良尋センター長(弘前大学名誉教授)は「治療を希望する患者の相談も多く、治験は順調に進んでいる」と手応えを感じている。16年1月に悪性脳腫瘍、7月に頭頸部(けいぶ)がんの治験が始まった。治験の期間はそれぞれ2年間。腫瘍の縮小率や治療後の生存率などを見る。
(引用ここまで 以下引用元参照)

▽引用元:ニュースイッチ日刊工業新聞 2016年12月03日
http://newswitch.jp/p/7011
http://newswitch.jp/p/7011-2

引用元: ・【医療技術】次世代がん治療「BNCT」もうすぐ実用化 細胞をピンポイントに破壊、難治性がん対策に期待高まる©2ch.net


続きを読む

 - Uncategorized

×