Hot-k-nice!

ホットケナイでス。

台湾で「萌え鉄」爆走中!?駅も車体も萌えキャラだらけ 日本と連動も……?



   

1: 2018/01/25(木) 17:50:35.12 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
台湾南部の高雄市を走る「高雄捷運(高雄メトロ)」が、オリジナルの漫画キャラクターを生かして注目を集めている。
日本でも人気漫画作品を用いたキャンペーンは珍しくないが、高雄メトロは公式キャラクター「高捷(たかめ)少女」として事業全般に活用。乗客増加や地域の話題づくりに貢献している。
“萌(も)えキャラ”で「地域の足」の活性化を模索する同社の取り組みを探った。

 高雄メトロの主要駅、美麗島駅。切符売り場や通路の壁に、瞳の大きな少女が描かれたポスターが張られている。
「高捷少女」を使ったサービスの案内だ。駅構内には、高捷少女のパネルやグッズ販売店も。メトロを運営する高雄捷運公司の広報担当者は「男性だけでなく女性にも人気。日本からもファンが来ますよ」と話す。

 高雄メトロは2008年に開業。地下鉄2路線(44・7キロ、38駅)と路面電車1路線(8・7キロ、14駅)を運行している。
16年の乗客数は過去最高の6300万人を記録。運賃収入も15億2400万台湾ドル(約56億円)と過去最高を更新した。

 ただ、最初から順調なわけではなかった。路線は高雄の空港や観光施設、買い物エリアを結ぶ一方、通勤や通学には不便な面もあり、乗客が伸び悩んだ時期も。
16年の最終損益は7400万台湾ドル(約2億7千万円)で2年連続黒字だったが、それ以前は赤字の年もあった。「観光客の利用をどう増やすかが重要」と張さんは話す。

 利用促進を模索する中「単に乗客を運ぶだけではなく、新しいサービスの発信を」と生み出したのが高捷少女だった。
原案を社員が考え、台湾のクリエーターでつくる企業にデザインを依頼。14年に第1号の女性駅員のキャラクターが誕生した。運転士や技術者なども追加され、現在は6人のキャラクターがいる。

台湾の「萌え鉄」爆走中 駅も車体もキャラだらけ 乗客は最多、日本との連携も
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180125-00010000-qbiz-bus_all
no title
no title
http://img.animate.tv/news/visual/2015/1439556107_1_4_f72e7724962a0f39d10b0208f80f6c4c.jpg


続きを読む

Nuiは!月数万円稼げるらしい!


 - av, net,

×